スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
根津美術館
P1011908.jpg

かきつばたの屏風を見に来ました。
結構混んでます(汗)

*************

南青山の根津美術館に「KORIN展」を見てきました。

同じテーマで書かれた、ニューヨークにある「八橋図屏風」と根津美術館所蔵の「燕子花図屏風」が、100年ぶりに一緒に展示されています。

数年前に建て直されただけあって、綺麗で素敵な建物で、丁度庭には屏風のテーマのカキツバタが満開でした。





美術館を鑑賞後は、併設のNEZU CAFEでランチ。

P1011913.jpg

メニューやお皿にもかきつばたの模様が。



日替わりパスタの「エビと野菜の和風パスタ」

P1011916.jpg

P1011917.jpg

そして抹茶ラテも♪
|美術展等 | comments(0) | trackbacks(0)
国立新美術館

会社の方の親戚が出展してるとこ事で、チケットを頂いて行ってきました。





国立新美術館での創元展。
作品数も多くて、大きい作品が多かったので、かなり見ごたえがありました。

新美術館の前も桜で綺麗でしたよ。
写真は、美術館から六本木ヒルズ方面を撮ったものです。


|美術展等 | comments(0) | trackbacks(0)
福田繁雄 大回顧展
川崎美術館で開催されている、「福田繁雄 大回顧展」に行ってきました。





湘南新宿ラインで武蔵小杉に行ったら、バス停のある改札まで構内の広いこと!

ここの美術館の入り口には、福田繁雄さんの作品が常設されています。


グラフィックデザイナーとしての仕事と、だまし絵的な作品と色々展示してあって、なかなか楽しいかったですよ。
|美術展等 | comments(0) | trackbacks(0)
パウル・クレー ― おわらないアトリエ

P1011320.jpg

金曜日、早めに仕事が終わったので近代美術館で開催されている
「パウル・クレー −おわらないアトリエ」に行ってきました。

今回の展示は、作品の作成過程など分析していて、それが判り易く展示されています。
一度描きあげた作品を切って新しい作品にしたものなどは、切る前の形も再現されていたり、転写の過程もなかなか面白かったですよ。

時間があまりなかったので、常設展示はさらっとしか見れなかったけど、2Fで大岩オスカールの絵も見られたので、かなりお得な気分になれました♪

|美術展等 | comments(2) | trackbacks(0)
名和晃平展 - 東京都現代美術館
P1011277.jpg
|美術展等 | comments(0) | trackbacks(0)
カボチャに再会
P1010763.jpg

武蔵野市立吉祥寺美術館で開催されていた、『草間弥生展』に行っていました。
小さな美術館なのだけれど、入場料100円と考えると、クオリーティーが高いわ♪
|美術展等 | comments(0) | trackbacks(0)
梅佳代写真展 ウメップ
表参道ヒルズで開催されている、梅佳代さんの写真展に行ってきました。

 P1010559.jpg

子供の表情が、すんごく自然で、そうそう子供ってこんな顔するよな〜って表情が一杯。
知り合いが写り込んで居そうな、そんな雰囲気が有って、一枚一枚隅まで見入っちゃいました。

帰りに、梅味の飴を買ってしまいましたよ♪
P1010564.jpg
|美術展等 | comments(0) | trackbacks(0)
久々の銀座
 P1010515.jpg

親戚の個展を見に、久々に銀座へ。
|美術展等 | comments(0) | trackbacks(0)
山中俊治ディレクション 「骨」展

ちょっと休憩を挟んで、ミッドタウンの方で行われている「骨」展も見てきました。

NEC_2015.jpg

生物や製品の骨組みから、骨をイメージに作られた作品まで。

人工関節とか、製品のレントゲン写真なんかも面白かったし、からくり人形の弓を引く時の仕草もステキでした。
からくり人形が動くのはフィルムで見たんですが、土日は2回ほど実演する様ですよ。
私はギリギリ見損ねました

|美術展等 | comments(2) | trackbacks(0)
アイ・ウェイウェイ展−何に因って? @森美術館

3館スタンプラリーの2館目、森美術館に行ってきました。



アイウェイウェイって誰?と思ったら、北京オリンピックの鳥の巣をデザインした人でした。
広い会場に、大きな作品がどーんと展示されていて、他の方の迷惑にならなけれが写真も撮影OK。
入り口で音声ガイダンスも、無料で貸し出しをしてくれます。
素敵な作品が多かったので、カメラ持っていけば良かった。一部携帯で撮って来ました。



茶色に見えるのはお茶を固めて作った作品。名前もTea House.
大量のお茶を使っているので、会場にほのかにお茶の香りが漂っていました。



穴の微妙にずれた箱が何個も置かれているんですが、穴を端から覗くと



影の部分が月に見えるんです。

古い樹や陶器、建物を解体した廃材で作った作品も有って、中国の歴史やパワーも感じました。

ところで、当日はお盆休みで観光地なのも手伝って、チケット売り場が行列!
展望台と美術館のチケットはセットになっているので、小さい子供連れの方が多かったんですよね。
会場内で赤ちゃんが泣いちゃうのはしょうがないとしても、大きな作品が多いので、会場を駆け回って作品の中をくぐったりする子供を写真に撮る方、親と一緒なのに作品をボコンと殴っちゃう子などが居て(これはさすがに係りの人に注意されていたけど)、平日の夜来ればよかったとちょっと後悔でした。

|美術展等 | comments(2) | trackbacks(0)