スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
RiSuPia
前からちょっと気になっていたRiSuPiaに行ってきました。

NEC_1150.jpg

隣がパナソニックのショールームなので、カメラの新製品やオーディオ類、DSのソフトの展示なども楽しめます。
1階は無料ゾーンなのですが、3階は有料ゾーン(500円)←ぐるっとパスで入れます。
午後からは人数が多くなってきたので、整理券が配られていました。
行かれる方は、昼前には行かないと祭日とかは入れない恐れが有ります。

子供向けの施設とは言え、体験型なので難しいけど面白いです。
素数ホッケーは、エアホッケーで素数以外を跳ね返すんですが、3桁とかになると、素数だかなんだか判断難しい〜。
指定した色のカラーボールを入れる玉入れは、色々な色の光を当てられて、ぜんぜん玉の色がわからなくなっちゃったり(汗)
子供と一緒に行くと、お父さんやお母さんの威厳が問われちゃうかも・・・。
|ぐるっとパス | comments(0) | trackbacks(0)
平山郁夫 祈りの旅路 @東京国立近代美術館
さて、今日から3連休。ぐるっとパスも今月末迄なのでラストスパートです!
東京国立近代美術館で始まった「平山郁夫 祈りの旅路」を見てきました。

NEC_1135.jpg

丁度お昼過ぎに到着したのと、今月初めに始まったばかりなので、適度な混雑具合。
普段は音声ガイドを借りないのですが、今回は平山郁夫さんご本人の解説との事だったし、そんなに混雑して無かったので借りてみました。

展覧会の構成は、仏陀への情景、玄奘三蔵の道と仏教東漸、シルクロード、平和への祈りの4章に分かれています。

滅びてしまった古代遺跡や、紛争で壊されてしまったバーミアンの石仏、パミール高原、敦煌などなど。
そしてチケットにもなっている地図を元に想像で描いた藤原京や長安の夕景。

15歳の時に広島で被爆したそうで、その後30年以上経ってやっと訪れる事が出来たその場所からの帰りに、どうしても描く事が出来なかった構想が浮かんできたという「広島生変図」。
真っ赤な炎が一面に描かれ、下の方に町のシルエット、上方には不動明王が描かれています。
その絵から始まる第4章の平和の祈りは、厳島神社や熊野寺、四国霊場そして最後にはサラエボの子供たちの絵が。
最初の方やシルクロードの絵も感動的だったんですが、第4章のコーナーは涙拭きながら見ている方を何人か見かけましたよ。
個人的には、広島の絵を見た後の厳島神社そしてサラエボ辺りが、じーーんと来ました。

2階では、8分のビデオが上映されています。
このビデオで、絵に書かれている実際の場所に行っている所も見る事が出来ますよ。
77歳を迎えた今も尚、心を磨き続けないといけないと言われているのが心に残りました。
|ぐるっとパス | comments(0) | trackbacks(0)
昭和-写真の1945-1989 第3部 高度成長
ぐるっとパスが今月末までなので、昨日試写会の前に行ってきました。
東京都写真美術館で開催されている、
「昭和-写真の1945-1989 第3部 高度成長」

NEC_1126.jpg

せっかくなので、第2部のヒーロー・ヒロインを見に行きたかったのだけど、暑さに負けて機会を逃してしまいました。
時代的には昭和30年代〜なので、「ALWAYS三丁目の夕日」の頃の世界から始まるのです。
建設途中の東京タワーとか、駄菓子屋や、満員電車などなど。
駄菓子屋のお菓子の入ってる瓶の中に、招き猫型のものを見つけて
(*´∀`*)♪
新宿南口(今Flagが有る所)開発前の階段の風景は記憶に残っているので、すごく懐かしかった〜♪
|ぐるっとパス | comments(2) | trackbacks(0)
青木繁と海の幸 @ブリジストン美術館
あまりの暑さに、ぐるっとするパワーを奪われていたら、見ようと思っていた展示が終わっていました・・・orz
このままではいかん!と、久々に会社帰りにぐるっとパスを使ってみました。
会社帰りに寄れるとなると、場所が限られてくるので、遅くまで開いているブリジストン美術館へ。

NEC_1031.jpg

青木繁と海の幸

企画展だと、常設が見れないかな〜と思っていたら、常設の一角が青木繁さんの作品だったので、他の画家の作品も楽しめました。
ここの常設は、こじんまりとしているのに、結構充実しているのですよね〜。
そして混んで無いので、以前国立新美術館で人ごみでぐったりしながら見たモネの好きな作品も、じっくり独り占め状態なのです!
青木繁の写真の絵は、魚と縄の模様の額に入っていて、迫力が有りありました。
あの額も作品の一部なのかな?

今回気が付いたんですが、ここにも音声ガイドの貸し出しがあるんですね。
ここなら、ゆっくり他の人も気にせず見られるし、次回は音声ガイドを借りて、更にじっくり鑑賞してみたいな〜と思ってます。
|ぐるっとパス | comments(0) | trackbacks(0)
MELTING POINT
今年も購入したぐるっとパス。
そろそろ使い始めないと、秋になっちゃう〜(使用開始から2ヶ月有効なんです)と、慌てて使い始めました。
とりあえず、日曜日選挙に行ってからオペラシティで開催されている
「メルティング ポイント」へ。
こちらは、ぐるっとパスで入場が出来ます。

NEC_0983.jpg

入ってすぐ、金・黒・白・銀のテープで貼られた床(これ自体が作品)が、空間を違う世界に感じさせます。

2人目の渋谷清道さんの作品は、白い世界。
靴を脱いで、作品の中に入って行ける展示になっているのにはビックリ!
知らなかったので、脱ぎ難い靴を履いてっちゃった・・・。
でも小さな入り口をくぐって入る「6番目の小さな海姫」は、隅っこにずーーーっと座って見て居たい程、不思議で素敵な空間でしたよ。

写真の作品は、今回はもう少し長さが短くて浮いている形だったので、鑑賞者が作品の下に入って穴から顔を出して覗く事が出来る様になっています。
覗いて居ると他の人と目があっちゃったりw
鑑賞者も作品の一部って事なのでしょうね〜。
|ぐるっとパス | comments(0) | trackbacks(0)
今年もぐるっとパス
モネ展のチケットを買いに、ディスカウントのお店に行ったら、今年のぐるっとパスが売られていました。
なんと200円引きだったので、迷わずGet!

20070614_365313.jpg

さて、今年はいつから使い始めようかな〜♪
|ぐるっとパス | comments(0) | trackbacks(0)
山種美術館
さて、さて今日もスタンプ集めのために、ぐるっとパスを1つ周ってみました。
九段下の山種美術館です。
こちらも、ぐるっとパスのみで入館が出来ます。
ここは近代日本画を収集しているそうなのですが、日本画に詳しくない私も見た事や聞いたことがある画家の作品が多数展示されていました。

今回の展示は、「花鳥の唄」がテーマです。


こちらの絵は、上村松篁「白孔雀」

以前、近代美術館の常設展で見てとても惹かれた川端龍子の屏風絵も1枚有りました。
唐獅子と牡丹なのですが、とても力強いタッチなのですよね〜。
他にも、奥村土牛(やはり近代美術館で「胡瓜畑」が心に残った)の絵や、速水御舟、上村松篁、横山大観などなど。
杉山寧の絵も、以前見て良いな〜と思ったのだけれど、やはり今回の絵も良かったです。
以前胡瓜畑の絵を見たときにも思ったのだけれど、日本画の絵の具独特な色あいが有って、それがまた西洋画と違う魅力なのかもしれませんね。

28日で期限が切れるぐるっとパス。なんとか、20個スタンプを集められました。

9月末締め切りで、抽選でグッズ(なんだろう?)があたるらしいので、応募してみます♪

そう言えば、今日山種美術館に向かう途中、
続きを読む >>
|ぐるっとパス | comments(2) | trackbacks(1)
ディズニー・アート展 @東京近代美術館
昨日に引き続きぐるっとパスですが(ここの企画展は割引のみ)、今日は美爾さんと「ディズニー・アート展」を観に行ってきました。



原画やそれを作る前のコンセプト・アート、ストーリースケッチの展示が多く、「白雪姫」、「ピノキオ」、「眠れる森の美女」、「ダンボ」などがメインで展示されています。
それらは原画前の下絵なのですが、それが既にとても綺麗な絵になっているんです。
要所は映像での説明で、その1本が長めなので、結構ひとまわりするのに時間がかかってしまいました。

最後の1階のコーナーには、ミニシアターや体験コーナーが有って、
  
ディズニー作品の背景と一緒に写真を撮る事が出来たり、

ミッキーを描いてみたり出来るのですが、時間が無くなってしまいました。
これから行かれる方は、多めに時間をとった方がいいと思われます。

絵を見ながら「これって誰だけ?」ってキャラが居たので、行く前にDVDでも借りて話を思い出してから行けばよかったな〜と、ちょっと後悔でした。
|ぐるっとパス | comments(0) | trackbacks(0)
近代洋画の巨匠たち @泉屋博古館 分室
大倉集古館から徒歩5分くらいなのですが、入館時間が4時までなのでギリギリで焦りました。こちらも、ぐるっとパスのみで入館できます。


「近代洋画の巨匠たち」 泉屋博古館 分室

巨匠たちって位ですから、(日本人が多いけど)有名な人たちの絵が飾られてます。
ポスターにも有るように、浅井忠、岸田劉生(麗子の描かれてる絵も有りました。)、梅原龍三郎、この間見に行った坂本繁二郎などなど。
この間見れなかった岡鹿之助の三色菫も見れました。
規模は小さめだけど、なかなか見やすい絵が多いのでお勧めです♪
|ぐるっとパス | comments(0) | trackbacks(0)
Gold @大倉集古館
品川を出て恵比寿から日比谷線に乗り換えて、久々に神谷町にやってきました。
ホテルオークラの横にデン!とそびえる大倉集古館
こちらもぐるっとパスで入場が可能です。

 迫力の建物

ホテルオークラの宿泊者は招待券を貰えるからか、団体さんのツアーに組み込まれているのか、年齢高めの団体さんが結構入っていて、混んでました。(涙)
テーマは「GOLD」
前半は、金の使われた巻物に書かれた書などが有ったんですが、よく判らん、、、。
字が上手なのは判るんですが、一緒に見ていた団体のおばちゃんの一人も言ってたけど、まさに猫に小判。国宝とかも有るのに〜。
細かい細工のされた箱とかは、見ていてすごく綺麗でした。
とにかく、団体さんのパワーに押され気味だったのと、時間が押してたので、さくっと見て次の美術館へ。オイオイ、、、。
|ぐるっとパス | comments(0) | trackbacks(0)